日本タンクサービス株式会社
TEL: 044 (322) 2047

≪貯油タンク清掃≫あるいは≪求人≫に関するお問い合わせ

法人のお客様

個人のお客様

法人名・部署 ★
ご担当者様 ★
所在地 ★ -
メールアドレス ★
メールアドレス★(確認用)
電話番号
お問い合せ日
お問い合せ内容 ★
ご氏名 ★
ご住所 ★ -
電話番号
メールアドレス ★
メールアドレス★(確認用)
お問い合せ日
お問い合せ内容 ★

石油精製の工程   出典:石油連盟

製油所の精製工程.png

石油製品の流通・物流   出典:石油連盟

石油の流通・物流.png

水島石油コンビナート夜景

i_1535516375.png
i_1535516386.png
i_1533882090.jpg
i_1533882083.jpg

JR唯一の石炭運搬列車の始発駅、鶴見線扇町駅周辺の風景


扇町駅を発車した列車は、鶴見線浜川崎駅―南武支線―尻手駅―武蔵野貨物線―梶ヶ谷貨物ターミナル―武蔵野線府中本町駅―西国分寺駅―新座貨物ターミナル―大宮操車場―高崎線―熊谷貨物ターミナル(熊谷駅北方)へと進む(時刻は後述)。浜川崎駅での停車時間が長く、南武支線から先は夕方遅くから夜の走行となる。熊谷貨物ターミナルで10両編成の2列車に分割。そこから先は翌日秩父鉄道の貨物専用線へ乗り入れ三ヶ尻の太平洋セメント熊谷工場へと進む。列車を2分割するのは、同工場で石炭を下ろす施設が20両分の長さがないためである(「川崎-熊谷を縦断! JR唯一の石炭列車の全貌」内田宗治 東洋経済オンライン 平成30年2月10号 より引用)。

i_1534917349.png
i_1534919716.png


■石炭積載5783列車
扇町12:05発―鶴見線―浜川崎12:11着18:47発―南武支線等―新鶴見信号場19:05着20:24発―武蔵野貨物線・武蔵野線・高崎線―熊谷貨物ターミナル22:49着
■石炭貨車返空 5764列車
熊谷貨物ターミナル5:04発―高崎線―大宮操車場5:51着6:03発―武蔵野線新鶴見信号場7:09着10:39発―浜川崎11:04着11:10発―扇町11:16着

i_1534919747.png
DE11 2002.png